招待講演

  1. T. Tsuji, "Monitoring and modeling of injected CO2 for effective and safe CO2 geological storage", Kyushu University (KU)-Tsinghua University (TU) Joint Workshop on Hydrogen/Decarbonization Economy, I2CNER, 22 July, 2019.
  2. T. Tsuji, "Imaging, Monitoring and Modeling of the Earth: Our Past Works and Future Visions",The 27th IUGG General Assembly, IUGG19-3045, the Palais des Congres de Montreal, Montreal, Canada, 12 July, 2019.
  3. 辻 健, "貯留層マネージメントに向けたデジタル岩石の利用:数値シミュレーション・ホモロジー・AIを用いたアプローチ", 2019年度 石油技術協会 春期講習会, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2019年6月13日
  4. T. Tsuji, "Geophysics for Tsunami and Earthquake", Summer School in Indonesia, The Agency for Meteorology, Climatology, and Geophysics of the Republic of Indonesia (BMKG), Jakarta, Indonesia, 11 April, 2019.
  5. 辻 健, "月極域地震探査について", 月極域探査に関するワークショップ(その3), 御茶ノ水ソラシティ, 2018年12月19日
  6. T. Tsuji,"Monitoring and modeling of injected CO2 for effective and safe CO2 storage", Princeton University, Princeton, USA, 5 October, 2018.
  7. T. Tsuji, "Continuous geophysical monitoring system for injected CO2: Utilize ambient noise and continuous controlled source system", CCUS forum, China University of Petroleum, Beijing, China, 18 September, 2018.
  8. T. Tsuji, "Multi-phase fluid behaviors with various capillary numbers, viscosity and wettability: Insight into effective and safe CO2 storage", InterPore 10th Annual Meeting, New Orleans Morial Convention Center, New Orleans, USA, 14 May, 2018.
  9. T. Tsuji, "Continuous monitoring of geothermal reservoirs and crustal-scale faults and volcanoes", 15th International Workshop on WATER DYNAMICS, Deeper and Hotter in Frontier Earth, Tohoku University, 14 March, 2018.
  10. 辻 健, "月極域でのアクティブ地震探査:月土壌を模擬した環境における実験", 月極域探査に関するワークショップ(その2), ベルサール八重洲, 2018年2月19日
  11. T. Tsuji, "CO2 behavior characterization from digital rock physics and innovative monitoring system", International CCS/CCUS Seminar, Jakarta, Indonesia, 7 February, 2018.
  12. 辻 健, "熊本地震発生 その時何が起こったか?", 阿蘇・内牧温泉開湯120年記念 地域資源セミナー, 阿蘇ホテル一番館, 2018年1月18日
  13. T. Tsuji, "Multiphase Flow in Sandstone Controlled by Capillary Number, Viscosity and Wettability", The 4th International Symposium on "Application of Nano-Geosciences in Petroleum Engineering", Kashiwa Campus, The University of Tokyo, November 20, 2017.
  14. T. Tsuji, “Imaging and monitoring of seismogenic fault: Contribution for earthquake hazard assessment”, Workshop on future direction of NanTroSEIZE drilling, Kagoshima, October 22, 2017.
  15. T. Tsuji, “Fault and lithology from trench to coast on seismic profiles off Kii peninsula”, French-Japanese week on Disasster Risk Reduction "Mega-earthquakes in subduction zones: insights from fossil examples", The University of Tokyo, October 3, 2017.
  16. 辻 健, "地震波干渉法を用いたモニタリング:地震や噴火に伴う弾性波速度の変化とそのメカニズム", 研究集会【最新地下構造イメージング手法の有効性と問題点】,東京大学 地震研究所, 2017年8月28日
  17. 辻 健, "岩石のデジタル化とモデリングによる持続可能な地下空間の利用",第三回 西日本地質講習会(CPD講習会), 山口大学吉田キャンパス大学会館, 2017年5月17日
  18. T. Tsuji, Horizontal sliding of Uchinomaki hot spring area during the 2016 Kumamoto earthquake: Insight from satellite data, field observations and direct borehole measurements", International Workshop on the 2016 Kumamoto Earthquake -Japan-US Joint Workshop, Kyushu University, March 6, 2017.
  19. 辻 健, "デジタルロックを利用した地盤のモデル化と探査データの解釈", 物理探査学会・深田地質研究所共催シンポジウム「物理探査の評価と解釈の最前線」, 東京大学, 2017年1月26日
  20. 辻 健, "不均質な岩石間隙を流れる流体挙動と鉱物化プロセスのモデル化", A3 foresight program 勉強会, 北海道大学, 2017年1月14日
  21. T. Tsuji, “Fault displacement and fluid in the earth”, Hungary-Japan (HAS-JSPS) Workshop on Physics of Rheology and Fracture, Kyushu University, December 5, 2016.
  22. T. Tsuji, “Mathematical descriptions of rock pore geometry and its evolution”, Forum "Math-for-Industry" 2016, Queensland University of Technology, Brisbane, Australia, November 23, 2016.
  23. 辻 健, JAPEX 社内セミナー講師, 石油資源開発(株)(JAPEX) , 2016年11月9日
  24. 辻 健, "貯留層の連続モニタリングに向けた試み", JOGMEC-TRC ウィーク 2016 「未来に向けて〜リソース&テクノロジー〜」, JOGMEC TRC, 2016年10月13日
  25. 辻 健, "天然岩石の間隙形状の数学的な記述方法", 日本数学会 数学連携ワークショップ ---物質材料科学に潜む『数理』を探る---, 関西大学, 大阪, 2016年9月16日
  26. 辻 健, "次世代の貯留層モデリングとモニタリングに向けたデジタル岩石物理", 講演会 "資源開発工学の展望〜探査工学・海底資源開発の最前線", 早稲田大学, 2016年7月28日
  27. T. Tsuji, “Description of heterogeneous rock pore structures using mathematical methods”, Study Group Workshop 2016, Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University, July 27, 2016.
  28. T. Tsuji, “Digitization of Natural Rocks for Estimation of The Hydrologic and Elastic Properties”, SEG-AGU Workshop: Upper Crust Physics of Rocks, Hilo Hawaiian Hotel, Hilo, USA, July 13, 2016.
  29. T. Tsuji, “Digital rock physics: Influence of mineral precipitation on interrelations among hydrological and elastic properties”,13th International Workshop on WATER DYNAMICS, Hydrogen in the Earth and Fluid Behaviors, Tohoku University, March 16, 2016.
  30. T. Tsuji, “Pore pressure and stress state in the Nankai seismogenic fault: Insight from digital rock physics approach”,Symposium on Subduction zone earthquakes in Nankai Trough & Japan Trench, The University of Tokyo, February 12, 2016.
  31. T. Tsuji, “Fluid flow from the pore-scale to the field-scale”, I2CNER Annual Symposium 2016, Kyushu University, February 2, 2016.
  32. 辻 健, "反射法地震探査データで明らかになってきた沖縄トラフ伊平屋北海丘の熱水循環をコントロールする地質構造", 三菱マテリアル, 埼玉, 2015年12月9日
  33. 辻 健, "海底下 (地下空間) を上手く利用する時代へ", 「ちきゅう」就航10周年記念シンポジウム、イイノホール, 東京, 2015年11月12日
  34. 辻 健, "沈み込む海洋性地殻内部の断層群と、それがプレート境界断層に与える影響", 東京大学 地震研究所共同利用研究集会:「海溝の海側で生じる過程を探る:沈み込み帯へのインプット」,東京大学地震研究所, 2015年11月11日
  35. 辻 健, "海域における地震波構造調査データの解析に基づくプレート境界断層の全体像の解明", 日本地震学会2015年度秋季大会 若手学術奨励賞記念講演, 神戸国際会議場, 2015年10月26日
  36. T. Tsuji, “Digital rock physics for identification of suitable reservoir conditions in CO2 storage”, The Third International Symposium on “Application of Nano-geosciences in Petroleum Engineering (NanoGeoscience 2015)”, Campus Plaza Kyoto, September 5, 2015.
  37. 辻 健, "デジタルロックテクノロジーとCCS/U", 第3回シンポジウム 海洋科学技術が切り拓く地球環境とエネルギーの未来, 一橋大学, 2015年6月24日
  38. 辻 健, "地球温暖化防止に貢献するCO2地中貯留技術", 第21回公開講演会「緑の地球と共に生きる」, 京都工芸繊維大学, 2015年6月19日
  39. T. Tsuji, “Continuous monitoring of injected CO2 using ambient noise and controlled seismic source", IEA Greenhouse Gas R&D 10th Monitoring Network Meeting, Berkeley, USA, June 10, 2015.
  40. 辻 健, "沈み込み帯の間隙流体圧と津波地震", 東京大学 地震研究所共同利用研究集会:「沈み込み帯」,東京大学地震研究所, 2015年5月29日
  41. 辻 健, "デジタル岩石物理を用いた新しいアプローチによる地質・水理特性の定量化への試み:実験とシミュレーションの融合に向けて", 日本地質学会 主催講演会「日本の地質学:最近の発見と応用2015」, 北とぴあ, 東京, 2015年5月23日
  42. 辻 健, "環境資源システム工学におけるデジタル岩石物理", シンポジウム「環境資源システムを支えるジオサイエンス」, 早稲田大学,2015年5月8日
  43. 辻 健, "南海トラフの浅部プレート境界断層と巨大分岐断層の新たな解釈",京都大学防災研究所地震予知研究センター 地震・火山グループ研究会,京都,2015年4月24日
  44. 辻 健, "デジタルロックフィジックが切り開く新しい科学", 環境資源システム工学に関するシンポジウム, 京都大学工学研究科,2015年3月20日
  45. 辻 健, "日本周辺でのCO2地中貯留のポテンシャルと課題:I2CNERの取り組み", グローバルCCSインスティテュート第15回勉強会, 東京, 2015年2月26日
  46. T. Tsuji, "Geophysical exploration and monitoring, and Rock physics for subsurface property estimation from geophysical data", Institute of Technology of Cambodia, JICA invited lecture, October 26, 2014.
  47. T. Tsuji, "Pore pressure distribution of a mega-splay fault and seaward plate boundary decollement in the Nankai Trough subduction zone: Up-dip extent of the seismogenic zone?", Slow earthquake workshop 2014, Kyoto, September 10, 2014.
  48. T. Tsuji, "Digital rock physics: Insight into fluid flow and elastic deformation of porous media", GeoMod2014, Potsdam, Germany, September 3, 2014.
  49. 辻 健, 蒋 飛, "多相流LBMシミュレーションの大規模間隔モデルへの適用", GPUテクノロジ・カンファレンス, 東京ミッドタウンホール&カンファレンス, 2014年7月16日
  50. 辻 健, "海域CCSに向けた探査・モニタリングシステムの開発",第53回海中海底工学フォーラム, 東京大学生産技術研究所,2014年4月18日
  51. T. Tsuji, "Reservoir characterization and monitoring CCS projects in geological formations typical in Japan -CCS projects in Indonesia and Japan-", CCOP CO2 Storage Mapping Program (CCSM) Seminar, Hanoi, Vietnam, March 18, 2014.
  52. 辻 健, "プレート沈み込み帯における地殻応力と間隙水圧の推定とそのダイナミックな変化", Geofluid-3,東京工業大学,2014年3月1日
  53. 辻 健, "地殻応力の推定とモニタリング",名古屋大学 地震火山研究センター,2013年11月1日
  54. 辻 健, "南海トラフ付加体内部の有効応力と間隙水圧分布の推定:分岐断層とデコルマの関係解明へ", 東京大学地震研究所, 2013年9月27日
  55. 辻 健, "地殻応力と間隙水圧の推定、およびその変動をモニタリングする研究", 九州大学地球資源システム, 2013年9月26日
  56. 辻 健, "熱水循環", 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「熱水活動域の生態学:生態系の研究と環境影響評価」, 東京大学海洋研究所, 2013年5月27日
  57. T. Tsuji, "Geological evaluation of Gundih field and surrounding areas", The 5th symposium on CCS in Gundih Area, Central Java, Indonesia, Bali, Indonesia, March 16, 2013.
  58. 辻 健, パネルディスカッション, SELENEシンポジウム, JAXA相模原キャンパス(2013年1月25日)
  59. T. Tsuji, "Preliminary study on the potential CO2 storage sites in the Gundih field: Strategy for reservoir modeling", The 4th symposium on CCS in Gundih Area, Central Java, Indonesia, Tokyo, December 4, 2012.
  60. T. Tsuji, H. Yamabe, and T. Matsuoka, "Migration of supercritical CO2 in porous media under several PT conditions: Insight into CO2 saturation monitoring from elastic velocity and resistivity", The Second international Symposium on Application of Nano-geosciences in Petroleum Engineering (NanoGeoscience 2012), Kyoto, November 26-27, 2012.
  61. 辻 健, "小田原に影響を与えた地震とそのメカニズム", 地震災害と文化財(小田原市教育委員会主催),小田原,2012年11月25日
  62. 辻 健, "東日本太平洋沖地震では、なぜ巨大津波が発生したのか?南海トラフ巨大地震への展望", 立命館大学 防災フロンティア研究会 2012年度 第1回セミナー,メルパルク京都,2012年7月20日
  63. T. Tsuji, "Tsunami mechanisms of the Tohoku-oki earthquake: How to estimate dynamic change of subsurface stress state?, Open seminar of Science department of Kyushu University, Fukuoka, May 18, 2012.
  64. 辻 健, "ダイナミックな変動を捉える −どのような方法で、何が分かるのか?−",地球惑星科学ニューイヤースクール講師, 大阪大学, 2012年1月7日
  65. 辻 健, "地震探査から推定した付加体内部の応力分布", JAMSTEC, 横浜, 2011年11月30日
  66. T. Tsuji, "Prediction of effective stress and pore pressure; Insight from core-log-seismic integration", JOGMEC-TRC Week, Chiba, Nov. 9, 2011.
  67. T. Tsuji, "Tsunamigenic faults in the 2011 Tohoku-Oki earthquake", Lecture in committee on Rock Mechanics, Kyoto, Oct. 28, 2011.
  68. 辻 健, "プレート境界地震のしくみ:東北地方太平洋沖地震の発生メカニズムと南海トラフ地震への展望", サイエンスカフェ鳥取2011, 公立鳥取環境大学, 2011年9月24日
  69. T. Tsuji, "Deep intraoceanic faults in the Nankai Trough seismogenic zone: Insight into intraplate and interplate earthquakes", Whole Earth Seminar, University of California, SantaCruz (UCSC), October 26, 2010.
  70. 辻 健, "干渉SAR解析の土木構造物への適用:新潟県中越沖地震に伴う山岳トンネル被害メカニズムの解明",岩盤工学研究会講演会 ―岩盤工学における最近のリモートセンシング技術の適用と今後の期待―,航空会館, 東京,2009年10月21日
  71. 辻 健, "熊野沖南海トラフで見つかった海洋性地殻内断層:2004年紀伊半島南東沖地震との関係",材料学会岩石力学部門委員会, 京都大学,2009年7月23日
  72. T. Tsuji, "Earthquake fault of 2006 Yogyakarta earthquake: Insight from InSAR analysis", GCOE Lecture, Kyoto University, July 10, 2009.
  73. T. Tsuji, "Pore pressure prediction using seismic reflection data: Insight from rock physics theory", Lecture in Institute of Technology in Bandung, ITB, January 8, 2009.
  74. T. Tsuji, S. Minato, T. Matsuoka, T. Noguchi, Y. Nakamura, and Y. Fukao, "Two dimensional temperature profile in the Kuroshio Current using full-waveform inversion", 1st Exploratory Workshop on Seismic Oceanography, Begur, Girona (Spain), November 18-21, 2008.
  75. 辻 健, "地震探査データからみた南海トラフ域プレート境界断層の特徴",材料学会岩石力学部門委員会, 京都大学,2008年7月24日